現状の外のゴールこそエネルギーの源泉

Pocket

こんにちは

苫米地式コーチング認定コーチ横山です。

ご覧いただきありがとうございます。

以前のブログで書いた通り、ゴール達成のためには、ゴール側のコンフォートゾーン・セルフイメージが重要です。

イメージの力=五感を通して臨場感を味わう力を駆使してマインドの中にゴールの世界を描き、ゴール側の世界に慣れ親しんでいくことでパフォーマンスがゴール達成のために発揮されるようになります。

臨場感・リアリティーが重要なので、心配・不安・失敗の記憶などを否定するのではなく、望むものを肯定的に描きフォーカスする必要があります。

「ケガをしない」「病気にならない」「失敗しない」「ノーミスでクリアする」ではなく、

「冷静に安全に」「健康で常にハツラツとしている」「成功している・達成している」「パーフェクトでクリアする」「エレガントにこなす」という言い方を意識的に使うようにしていくということです。

人間は言葉を使う際、イメージ・情動も一緒に想起しています。

文章の意味としてはほぼ同じではありますが、実際にセルフトークとして行うときには否定形を用いても、脳の中・心の中ではネガティブな言葉にまつわるイメージ・情動を再体験することになります。

日々細かなセルフイメージ・セルフトークの修正や改善を行う際ももちろんですが、現状の外のゴールをきちんと肯定的に描き受け入れていくということがとても重要です。

ゴール設定のプリンシプルについてや、「現状の外のゴール」ということについては何度も触れていますし、一言ではとても伝えきれません。

しかし『コンフォートゾーンの作り方』に次のようなものが補足の注意点としてまとまっています。

◎ゴール設定の注意点

【数値目標などを現状に合わせないこと】

数値で表せる目標は現状から見えるゴールであり、コンフォートゾーンの外側ではない。あなたの可能性をつぶす原因になる

【現状の内側にゴールを設定してしまった場合は】

ためらわずにゴールを見直す。現状の内側にゴールを設定してしまうと、それが自分のスコトーマをさらに強めるように働く。

そのため、ゴール設定することが、なにもしないよりも悪い結果を生み出してしまう

苫米地英人『コンフォートゾーンの作り方』p.113(Unit11 現状を超えたゴール設定)

もし今目標があるとしたら、それを10倍・100倍・1000倍にしてみる。

数値や指標で測れないものは感覚でもいいですし、実際に桁を増やすようにゴールを引き上げて想像を膨らませようとすると脳に負荷がかかるのを感じられるでしょう。

実際に購入しているモノや利用しているサービスの10倍・100倍の値段のものを購入・体験してみるというワークで現状のコンフォートゾーンの外側に触れてみるのもいいでしょう。

毎朝コンビニの100円コーヒーを購入しているのなら、その10倍の値段を出してコーヒーを飲んでみる。

ホテルのラウンジであれば10倍(1000円)は軽くこえるのですぐにでも体験できます。

(もちろん気軽に外出できない状況が続いているので、うまく方法は考えないといけません)

値段が高いから良い・優れているという話ではなく、現状の外に触れる・飛び出すということで得られる体感が重要です。

緊張が少しずつほぐれ、周囲の景色や雰囲気を感じ取れるようになる体感や、現状から離れることで今まで重要だと思っていた価値観やモノの見方を冷静に見られるようになる体感を得るとマインドの使い方が上手になります。

そして「ためらわずにゴールを見直す」ということは、「ゴールに縛られる」ということを回避できます。

「設定した目標は達成しなければならぬ」というのはNGです。have toを続けることほどツライことはありません。

執着せず未来志向で新たに現状の外にゴールを設定していきましょう。

以下はゴール設定の心構えであると同時に、苫米地博士からの温かい強いメッセージです。

古い考え方はこのさいすべて捨てることです。そして、緊張や不安を感じることなく、思い切って高いレベルのゴールを思い描いてください。

苫米地英人『コンフォートゾーンの作り方』p.110(Unit11 現状を超えたゴール設定)

高いゴールは、不安感などが強く生じ、ゴールを引き下げようとする心の作用が生じますが、その時に決してゴールを引き下げないでください。

そうすれば、高いゴールを達成するために創造的無意識がわき、それまで見えなかったゴール達成法が見えてきます。

苫米地英人『コンフォートゾーンの作り方』p.114(Unit11 現状を超えたゴール設定)

エフィカシーを高めてあなたの眠った能力・才能をゴール達成のために開花させていきましょう。

応援しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

横山でした。

【Twitter】

https://twitter.com/trycoaching111

【youtube】

youtubeチャンネル

【Facebook】

https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

公式メルマガ登録

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。