空振りでも構わない!!まずは打席に立つ。

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山です!!

ゴールを達成するために必要なことはなんでしょうか?

それは誰かの許可が必要でしょうか?

誰に阿る必要もありません。

自分でやると決めたら、

勝手にバットを持って、打席に立てばいいだけです。

もしくはスパイクの紐を結び直して、

もしくは絵筆を取って、

もしくは硯で墨をすって、

やり始めればいいんです。

そこで空振りをしてもいいんです。

結果を残せなくてもいいんです。

まず打席に立って来たボールに対して

アプローチすることが、次の挑戦へのステップになります。

殆どの場合、打席があることも、

バットがあることにも気づきません。

新しいことはいつからでも始められます。

どうしてもやりたければ、方法は見つけられます。

まずは決めることです。

ゴールを設定する、want toをやってみる、

コーチングを実践する、会いたい誰かに会ってみる、

やりたいことがわからなければワークをやってみる、

それでもわからなければ

プロのコーチに相談してみてもいいかもしれません。

自分の中のドリームキラーの言いなりになっていませんか?

何を受け入れるかは、自分で判断・選択していいんです。

コーチングの実践を継続すれば

いつか、と言っても遠くない将来に

バットがボールの芯を捉えて快音が響くような、

「これだ!!」という瞬間が訪れます。

とても清々しく、喜びにあふれ、楽しい気持ちでいる

あなたを想像してみてください。

設定して、そこへ向かえば実現します。

決めて、やり始めるだけです。

より望ましい方へ、より素晴らしい方へ、

より多くの人が幸せになる方へ、

あなたの能力を発揮することを許可してみましょう!!

それでは横山でした!

お読みいただきありがとうございました。

youtube→youtubeチャンネル

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。