始める・やめるについて。飽きた時は成長のチャンス!!

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山です!

今回は、「始める・やめる」ということについてお送りします。

みなさんは「飽きる」ということに罪悪感を持っていませんか?

継続出来なかったことを、全て自分のせいにしていませんか?

しかもそれまで夢中になっていた時間すらも、

無駄な時間だという評価を下してはいないでしょうか。

物事に飽きるということは、悪いことではなく、一つの成長の機会です。

新しいことに取り組んだ、

もしくは取り組み続けたから「飽きる」という成果が出ています。

やりたいことを見つけ、実際に取り組んで継続してみるまでは

その経験は得られません。

「やってみたけれど、なんか飽きた」ということは一つの経験です。

それ自体に良い悪いはありません。

そこでエフィカシーを下げてしまうのは、とても勿体ないことです。

「なぜ飽きたのか」「飽きたけれど、続けたいのか」

といった問いをする必要があります。

つまりゴールと照らし合わせることで、

改めて考えるきっかけにすることができます。

なんでもかんでも飽きたらやめる、

ということを推奨しているわけではありません。

しかし、「もう飽々しているけれど続けている」ということがあれば、

一度「飽々した」という反応をニュートラルに見てみましょう。

そして続けたいのであれば、新鮮な気持ちで取り組める方法を考えてみる。

やめたいのであれば、その方法を考えてみる。という選択ができます。

やめたら全てが終わりになるということはありません。

経験は自分の中に残っているので、

またやりたくなったら再開すればいいだけです。

気軽に始めて、気軽にやめる(中断してみる)ということが

出来るようになれば、様々な場面で選択肢を増やすことにつながります。

是非様々なことにwant toで取り組んで見てください!!

それでは横山でした!

セミナーやトライアルコーチングのお知らせは

FacebookやTwitterでも行います。是非チェックしてみてください!

フォロー、メッセージお待ちしています!

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

少人数制セミナーの参加者を募集中です!!

【募集開始】2017年・年末少人数制セミナーのお知らせ

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。