【コーチング音声】やりたいことをやるとスコトーマが開いていく ゴール更新の秘訣 苫米地式コーチング認定コーチ 横山陽介

Pocket

こんにちは

苫米地式コーチング認定コーチ横山です。

ご覧いただきありがとうございます。

have toは不要です。

want toでゴールを選び、want toで実行していきます。

やりたいことをやっていると生産性が上がります。

その時々でパフォーマンスが上がるだけでなく

夢中になってなにかに取り組んでいると

時間を忘れて取り組むことができますし

解決までどうにかして漕ぎつけます。

スコトーマを外すことで

ゴール達成に必要な情報や

ゴール達成の方法自体を見つけることが出来ます。

want toで続けていくと

時には誰も思いつかなかったことを

閃き、方法を発明・開発してしまうということも起こります。

そのためには視点や抽象度を上げていく必要があります。

視点や抽象度を上げるためには、圧倒的な知識量・情報量が要ります。

とくに現状の内側にはない新しい情報が必要です。

ここで重要になってくるのが

正にwant toです。

want toで設定した

現状の外のゴールだからこそ

達成可能であるということはご存知だと思います。

今回のワークでは

興味・関心のある物で構わないので

日々「新しい情報」をインプットしてみてください。

自然と視点や抽象度は高まる感覚や

当初は思いもよらなかった新しい興味・関心が芽生える

ということを味わえると思います。

知っているつもり、見ているつもりになるのが

脳の得意技です。

詳しくは音声を聴いていただきたいのですが、

「知っているから改めて知るものはない」と決めつけずに

「何か新しい発見や気づきがあるはずだ」

というマインドで取り組んでみるといいでしょう。

新しいゴールを設定して、そのことに関連する情報を集めても良いですし

趣味のことや今行っている業務の事でも構いません。

want toで取り組み、続けてみるというのがポイントです。

まさに楽しみながら、ですね。

ワークを続けていくと

新しい価値観や様々なモノの見方があなたの中に生まれてくると思います。

ゴール設定や更新を並行して行えば、

より自分らしい、望ましいゴールやwant toが見つかっていくでしょう。

【コーチング音声】やりたいことをやるとスコトーマが開いていく ゴール更新の秘訣 苫米地式コーチング認定コーチ 横山陽介

==☆関連音声☆==
【コーチング音声】ゴールの世界に生きるマインド 現状がゴールへ変化していく習慣
https://youtu.be/NKiQpchVQpI

【コーチング音声】脳の創造性を引き出す習慣 続けると激変につながる
https://youtu.be/F-qjK8b1p_Y

【コーチング音声】諦めないマインドを着実につくる エフィカシーを高めて毎日続けてみよう
https://youtu.be/5jCSrINCDhI

【コーチング音声】課題にぶつかった時こそエフィカシーを上げるチャンス あらゆることから学んでいこう
https://youtu.be/8-NGJIJ2hNk

【コーチング音声】頑張らないから成果が出る 〜セルフトーク上達のヒント
https://youtu.be/qjpWDVSlqI8

【コーチング音声 質問回答編】ゴールに必要だけれど〇〇できない・抵抗を感じる時はどうしたらいいのか?
https://youtu.be/5nQCU4Xb5Qs

【コーチング音声】コーチングの継続を可能にするワーク この音声であなたの未来は変わる
https://youtu.be/qBuLs5dOaWE

ワークの感想や報告などを

コメント欄にアウトプットしていたただくとより効果的です。

あなたのコメントをお待ちしています。

問合わせフォームなどからも受け付けています。

お読みいただきありがとうございます。

苫米地式コーチング認定コーチ 横山

【Twitter】

【youtube】

youtubeチャンネル

【Facebook】

横山 陽介さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、横山 陽介さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。
公式メルマガ登録

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。