それでもやる気がないとき時に

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山です!!

「want toであればやる気は関係ない」とわかっていても、

実践や行動が出来ない時はどうしたらいいのか?

want toでもやる気が出ない時はまず深呼吸をしましょう。

リラックスし、目の前のことにとらわれないことから始めましょう。

「今この瞬間」のやる気のなさに振り回されることなく、

しっかりと冷静に状況を見る必要があります。

やる気がないことに対して、罪悪感を持つ必要はありません。

もし罪悪感に苦しんでいるのであれば、

罪悪感ではなく、ゴールとのギャップから起こる不満だと捉えてしまいましょう。

感情や情動による焦りから高いパフォーマンスは生まれません。

自分がどういった状態になっているのか、

言語化・外部化していけば次第に落ち着いていきます。

その都度リラックスを心がけて、意識的に働きかけることで、

どんどん対処がうまくなっていきます。

焦ったとしても、そのまま焦らずに

「自分はセルフコーチングの達人だ」位の気持ちで取り組んでみましょう。

そうして落ち着いてから、行動している自分をイメージしましょう。

焦らず何度もイメージして、臨場感を高めます。

やりたいことであれば、自然と情報を集めて(集まって)

実践・行動へ移ることができます。

あれがやってみたい、これなら出来るかも、

という考えや気持ちが出てきたら是非取り組んでみてください。

それでは横山でした!

お読みいただきありがとうございました。

フォロー、チャンネル登録宜しければどうぞ!

youtube→youtubeチャンネル

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。