楽しむことをhave toにしない【動画】

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山です!!

want toを実践している時でも、

「ねばならない」に注意を払う必要があります。

楽しまなければならない

喜ばなければならない

結果を出さなければならない

want toでなければならない ・・・・。

本来楽しく且つ生産性の高いwant toであっても

限られた考え方、不自由な発想で自分を縛ってしまっては

非常に辛く苦しいものになります。

「want toで取り組んだけれど、何か違う」という時こそ、コーチングの出番です。

そこで無理矢理楽しもうとせずに、一歩引いて冷静に考えてみましょう。

楽しいことを増やしていく感じで、

少しずつゴールへの実践を増やすことが出来れば

楽しみながら自然と試行錯誤出来る感覚が育って来ます。

もちろんそのためにhave toをやめ、

自由に行動できる時間を増やすことも有効です。

毎日少しでも良いので、ゆったりと落ち着き、

ゴールのイメージにニヤニヤする時間を作ることをオススメします。

それでは横山でした!

お読みいただきありがとうございました。

youtube→youtubeチャンネル

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。