「忘年会」で全部忘れていいの?

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山です!!

いよいよ年の瀬です。

忘年会やお疲れ会など、様々な集まりがあるかと思います。

いつも一緒に仕事をしている仲間を労ったり、

普段離れている友人と旧交を暖めたりすることは、

安らぎとなり、物やお金などの交換では得られない貴重な時間です。

しかしそれが憂さを晴らすだけの時間であれば要注意です。

今年の悪いところばかり思い出して愚痴ることは

過去思考を強化し、エフィカシーを下げるだけです。

スッキリしたような錯覚を起こしてしまうことも問題です。

課題や解決策を得る機会すら失ってしまいます。

本当に悪いことだけを忘れ、良いことをとことん楽しめるのなら

パフォーマンスが上がったり、やり甲斐をしっかりと感じることができるでしょう。

しかし大抵は「忘れたフリ」ではないでしょうか。

ということは、いつか思い出します。

何も変わっていないことにストレスを感じたまま一年が始まります。

この悪循環を断つためには、やはり未来思考です。

もし一年を振り返るのであれば、自分の成長や取り組みにフォーカスしましょう。

そして来年はもっと成長できると確信しましょう。

休暇を利用してしっかりとワークを実践するのもいいと思います。

休息を取り、ゴールイメージを膨らませるのもいいでしょう。

それでは横山でした!

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。