アウトプットの効能〜外部化・言語化してIQを上げる

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山です!!

あなたはアウトプットをしていますか?

頭の中で考えるだけではモヤモヤするだけで、

前に進めない可能性があります。

無意識は超並列的に動いているため、

その時意識をしていないことでも、解決策や手段を思いつくことがあります。

散歩の時やボォーっとリラックスしている時に

新しいアイデアを閃いた経験があるかもしれません。

しかしあくまで意識的な作業や知識や認識があった上で

無意識の閃きは生まれます。

何が重要で、何故重要なのかをわかっていなければ

無意識が選択するものに振り回される結果になります。

そこでバランスホイール、バランスゴールの設定によって

無意識の力を発揮させ、自分の潜在能力をどんどん開花させていきます。

そこで重要なのがアウトプットです。

ブログやYoutubeでの発信までしなくても構いません。

ノートにペンでも、スマホのメモ機能でもいいので

自分の今の状態と、望むべき未来・ゴールを言葉にしてみましょう。

外部化・言語化の作業はアファメーションを作成する時にも行いますが、

それ以外の時も行うとクリアな思考をすることが出来ます。

特に不安や迷いが出た時は、自分の状態を外部化することで、

客観的な判断や選択がしやすくなります。

外部化・言語化する作業をすることで前頭前野が発火し、IQが上がります。

明日締切の会議資料にまだ着手していなかったことを

思い出したとしましょう。

情動優位ではただ「ヤバイ!!」としか認識出来ません。

そのまま「ヤバイ、ヤバイ」のままでは、満足な結果は得られないでしょう。

また焦りを感じたままでは、他の作業や業務にも悪影響が出るかもしれません。

そこで一度今の自分の状態を外部化してみます。

「明日締切のものをまだ完了させていないことに気づいた。

今すごくヤバイと思っている。焦りを感じている。

なぜ焦りを感じるのか。

あと5分後なら間に合わないが、まだ締め切りまで◯◯時間ある。

いつも資料は◯◯分で作っているから、夕方時間を取れば出来そうだ。

優先的に取りかかる箇所は・・・・」

と、どんどん解決に向けて具体的な行動を取れるようになります。

もし状況が逼迫していても、外部化してIQを高めれば、何をするべきかがわかります。

言葉にした時に解決に取りかかれなくても、

意識をしたことで引き続き無意識が解決へ向けて考えてくれます。

もし悩みや不安があれば、それを一度外部化してみましょう。

ポジティブなセルフトークを行いながら、少しずつ言葉にしていけば

新たな気づきを得ることが出来るでしょう。

私たちにはとんでもない能力が眠っています。

want toやゴールを描くことで、出来ることが増えていきます。

制限を設けずに楽しんで行きましょう!!

それでは横山でした!

お読みいただきありがとうございました。

youtube→youtubeチャンネル

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。