【コーチング音声】やらないともったいない!! エネルギーを爆発させるコツ 苫米地式コーチング認定コーチ 横山陽介

Pocket

こんにちは

苫米地式コーチング認定コーチ横山です。

ご覧いただきありがとうございます。

「やらずにヤメてしまうのはもったいない」

今回のテーマはこれです。

そこから更に

「セルフイメージが行動に与える影響」についてお話しています。

ゴールを設定して未来志向で思考・行動していくと

才能や能力は開花していきます。

始める前から可能性を否定してしまえば

これから発揮・開花していく才能や能力を眠らせたままにしてしまいます。

しかし同時に、脳は現状維持を強く望んでいるので

新しいことをすぐにやめてしまったり

新しいことを始めたくなかったりということは

当然のこととも言えます。

試行錯誤をものともしない強いエネルギーを

生み出すことができれば

ゴール達成に向けて加速していくことが出来ます。

日々「ゴール側の私が本来の私である」

ということを受け入れていくと、

ゴールと現状のとのギャップを感じたときに

未来・ゴール側に不満を解消するように

無意識がクリエイティブに働きます。

つまり日々、より高い・より素晴らしいセルフイメージを創り

無意識レベルまで落とすことで

自然とゴール達成に必要な行動が出来るようになります。

もちろん、

「意識的に考えて行動をするな」ということではありません。

むしろゴール設定をはじめ、

アファメーションの作成やセルフトークのコントロールなどは

意識的に行わないと、過去の記憶・情動に操られることになってしまいます。

もし現状の外のゴールを達成したい、

現状を打破して人生の激変を起こしたいと言う方は

ゴールを設定してエフィカシーをガンガンあげていきましょう。

比較・競争は不要。

努力も不要。

しかしwant toで試行錯誤も乗り越えてしまうエフィカシーは必要です。

ゴール設定やゴールに対するアクションを諦めてしまっていないか?

この問いかけは私からではなく、

自分自身で問いかけることで効果を発揮します。

want toの実践はそうした問いかけや

意欲的・意識的なゴール設定からすでに始まっています。

他の音声やコンテンツも活用して

ワクワクするゴール、ウキウキする未来を想像してみてください。

エネルギーはゴールから生まれます。

楽しんでいきましょう!

【コーチング音声】やらないともったいない!! エネルギーを爆発させるコツ 苫米地式コーチング認定コーチ 横山陽介

==☆関連音声☆==
【コーチング音声】ゴールの世界に生きるマインド 現状がゴールへ変化していく習慣
https://youtu.be/NKiQpchVQpI

【コーチング音声】脳の創造性を引き出す習慣 続けると激変につながる
https://youtu.be/F-qjK8b1p_Y

【コーチング音声】諦めないマインドを着実につくる エフィカシーを高めて毎日続けてみよう
https://youtu.be/5jCSrINCDhI

【コーチング音声】課題にぶつかった時こそエフィカシーを上げるチャンス あらゆることから学んでいこう
https://youtu.be/8-NGJIJ2hNk

【コーチング音声】頑張らないから成果が出る 〜セルフトーク上達のヒント
https://youtu.be/qjpWDVSlqI8

【コーチング音声 質問回答編】ゴールに必要だけれど〇〇できない・抵抗を感じる時はどうしたらいいのか?
https://youtu.be/5nQCU4Xb5Qs

【コーチング音声】コーチングの継続を可能にするワーク この音声であなたの未来は変わる
https://youtu.be/qBuLs5dOaWE

ワークの感想や報告などを

コメント欄にアウトプットしていたただくとより効果的です。

あなたのコメントをお待ちしています。

問合わせフォームなどからも受け付けています。

お読みいただきありがとうございます。

苫米地式コーチング認定コーチ 横山

【Twitter】

https://twitter.com/trycoaching111

【youtube】

youtubeチャンネル

【Facebook】

https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

公式メルマガ登録

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。