効果的なセルフトークがゴールの自分をつくる

Pocket

こんにちは!

苫米地式認定コーチの横山・ヨシエ・陽介です!

今日は「セルフトーク」についてお送りします。

ゴールにふさわしいセルフイメージ

ゴール設定を行い、ゴールへ向かうには実際の行動と同時に、

マインドをしっかりと作る必要があります。

そしてゴールは現状の外に設定するので、今とは違う新しいマインドやセルフイメージ(自分が自分に対して持っているイメージ)を持つ必要があります。

そこでセルフトークが重要になってきます。

正しく効果的なセルフトークを行うことでゴール側のコンフォートゾーンへすすみ、スコトーマが外れて一気に成長することも可能になります。

セルフトークでイメージを変える

セルフトークはセルフイメージを決めます。

それはゴールに役立つものですが、コントロールをしないと、

殆どの場合はネガティブなイメージを強化するトークが溢れてきます。

人間の学習は失敗をもとに行われているので、殆どの人は自分を過小評価している状態です。

いまあなたが行動や将来に関して不安や恐怖を感じるのは

過去のネガティブなセルフトークによる結果かもしれません。

セルフトークを変えて、成功経験を反復する

セルフトークを行うことで、人間はその言葉(ワーズ)が持つ「絵・情景(ピクチャー)」「感情・情動(エモーション)」も同時に思い出します。

「ワーズ・ピクチャー・エモーション」は一体となって、臨場感を生み出します。

つまりセルフトークで言葉(ワーズ)を認識することで、過去の出来事でも、また目の前で起こったかのような経験として脳は認識します。

ネガティブな言葉を言うことで、その臨場感を反復し、強化してしまうのです。

しかし、目の前に起こっていなくても、言葉から臨場感を得られるということは

ゴール側に必要な臨場感も味わうことが出来てしまうということです。

ゴール側のあなたはどんなセルフトークをしているでしょうか?

一時的な失敗やつまづきにめげず、

「必ずうまくいく!」と確信して

試行錯誤を繰り返しているのではないでしょうか。

すべてのセルフトークをポジティブに変えることが難しければ、まずは意識に上げるということが出来れば大丈夫です。

どんなセルフトークであっても、「今セルフトークを行っている」ということが認識出来ればいくらでも修正改善を行えます。

そして「セルフトークに気づけた、素晴らしい!!」というセルフトークを重ねれば、どんどんコントロールできる機会が増えると思います。

今回はセルフトークについてでした。様々な場面において効果的なセルフトークについて今後記事にしていきます。

それでは、苫米地式認定コーチ(補)横山でした!!

質問・疑問お待ちしています!!

セミナーやトライアルコーチングのお知らせは

FacebookやTwitterでも行います。

是非チェックしてみてください!!

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。