先手を打つ!!ゴールに対して自分から働きかける

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山・ヨシエ・陽介です!!

前回、私自身の減量体験の中で知らず知らずの内に

コーチングマインドが発揮されていたということをお伝えしました。

減量を成功させていく中で、何が功を奏したのかについて

少し詳しくお話したいと思います。

一番効果が感じられたのが、行動を意識に上げるということです。

はじめからコントロールをしようとしても、意識に上がらないものはコントロールのしょうがありません。

自分はどんな行動を取っているのか、

今回の減量の場合には、何をいつどうやって食べているのかということを

その都度意識に上げられれば、

コントロール出来るものが増えていきます。

少し残酷な言い方をすると、減量が失敗するのは、

知らず知らずのうちに、太る努力を重ねているためです。

いくら痩せようと思っても、欲望のまま無意識に食べていては、

自分の思う体重・体型には近づけません。

今の脱したいと思っている体重・体型がコンフォートゾーンになっているため、脳がそれを維持しようとしています。

自分の望む姿になりたければ、コンフォートゾーンを変えていく必要があります。

その場合ゴール設定をしただけではまだ弱く、

現状を認識し、そこから具体的な実践に移ることが必要です。

行動を意識に上げることが出来れば、対策が立てられます。

間食をし易い状況や環境を前もって回避したり、そのために知識を得るということもできます。

自ら選んで行動、実践したことが上手く行けば、よりエフィカシーが高まるでしょう。

もちろん結果に問わず、

ゴールを設定し実践したこと自体を思いっきり褒めてください。

自分が何を望み、実際には何をしているのかが分かれば、

こちらから積極的に手を打つことが出来ます。

状況や出来事が自然に変わるのを待つのではなく、

ゴールに向かって行動を改善していくことが出来ます。

もし時間がないのならば、

時間はきっとあるというマインドで、何故時間がないのか、

そして実際自分はどう時間を使っているのかということを

少しずつ意識に上げていきましょう。

きっとやるための方法と時間が見つかるはずです。

焦らずゴール側の楽しい、リラックスした自分となって

取り組んでみてください!

それでは横山でした!

お読みいただきありがとうございました。

youtube→youtubeチャンネル

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。