自分を縛る「他人評価」

Pocket

こんにちは。

苫米地式認定コーチ(補)横山です。

思い切り人生を激変させるには、何が必要でしょうか?

もちろんまずはゴールです。「ゴールありき」ですべてが始まります。

ゴールがあるはずなのに、一歩踏み出すことができないと感じている。

「成長していないのではないか?」と思ってしまう。

そういった時は、「不要な他人評価」によって自分自身を制御していないかを吟味してみましょう。

ドリームキラーは無視する

ゴールの実現を妨げる人を「ドリームキラー」と呼びます。

実際に言葉や行動にしてあなたのエフィカシーを下げようとしてくる場合もあります。

それはすべて他人評価で、過去思考の産物です。

いくら客観的な評価、分析に聞こえても、未来の出来事は含まれていません。

これから能力を開花させて、実績をつくっていくわけですから、気にすることはありません。

もちろんすべてを無視することを推奨しているのではありません。

専門家の考えや、実際に起こった事実であれば今後の成長の糧にすることは出来るでしょう。

「止められてもやりたいこと」と表現されるように、

ゴールは「達成したくてたまらない」わけですから、やめる理由ではなく、

できる理由・もっと上手くやる方法を探していくべきです。

過去思考になっていないか?

「過去いつも○○してきたのだから、○○になる・なってしまう」

という考えは不要です。

自己責任という言葉を過去思考と結びつけてしまうと、苦しさは増していきます。

言い換えるなら、自分自身がドリームキラーになってしまいます。

他人からの評価を選択するのは、ゴール達成への評価は自分しか出来ないからです。

逆に言うと、自分で「自分なら達成出来る!」「自分はスゴイやつだ!」と思わない限り、

いつまでも自己能力の自己評価は上がりません。

「やってしまった」から「自分らしくない」へ

セルフトークのコントロールは超重要です。

しかし、

「自分らしくない、もっと自分は出来るし、次はうまくいく」

とセルフトークをしても、気分が暗いままになっていませんか?

表現を変えて表面的に取り繕うことに終わらせず、

しっかりとポジティブな感情を体感・体験することが大事です。

そしてもし本当にゴール達成している自分に相応しくない行動があったのなら、

淡々と修正・改善をしていくだけです。

どこまでも能力は伸ばすことが出来ます。

未来の可能性を評価するのは自分しか出来ません。

わくわくするゴールを見つけ、エフィカシーを上げていきましょう。

お読みいただきありがとうございます。

横山でした。

フォロー、チャンネル登録宜しければどうぞ!

youtube→youtubeチャンネル

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。