セルフトークで世界が変わる〜職場の人間関係が激変した実例

Pocket

こんにちは

苫米地式コーチング認定コーチ横山です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はいただいたコメント・メッセージについてお答えしたいと思います。

【いただいたコメント】

セルフトークのコントロールを続けてみて、こんな効果、体感が得られた!
というのを教えていただけると嬉しいです。

コメント・メッセージいただきありがとうございます!

まずセルフトークをコントロールするようになれば、セルフイメージが変化します。

セルフイメージが変われば、世界・宇宙との関係性も変わるということでもあるので、

世界・宇宙が変わってしまいます。

(セルフトークについてはこの記事でも少し解説します)

つまり枚挙に暇がない訳ですが、

その中でも今回はクライアント様の実例を紹介します。

(守秘義務を破らない範囲になりますが)

あるクライアント様からは

「同僚や上司と気持ちよく仕事ができるようになった」

「職場での人間関係が激変した!!」

という報告をいただいています。

これはセルフトークを吟味してコントロールした結果、

相手を尊重し、相手の意見や意図を考え上で自分の思いを伝えたり、

自分や相手の機能をより良い方向に実現出来るようになったということです。

そのクライアント様はプロフェショナルとして年数も経験も積まれている方だったのですが、

以前は職場での人間関係は良好ではなく、対立や不平・不満を抱えていたようです。

本人が豊富な経験と高いスキルを持っているために

同僚や上司の弱点・不備がわかってしまいます。

それまでは責めるような態度を取っていたようですが、

それではいけないと思いマインドを変える決意をされました。

初回のセッションでセルフトークの重要性や、コントロールのコツについてお伝えしました。

その結果、職場での人間関係が180度変わり、

良好なコミュニケーションを取れるようになり、

お互いに助け合える環境になったと報告をいただきました。

本人も元々能力のある素晴らしい方なので、自然とリーダーシップを発揮し、

経験やノウハウを若い世代に共有されているようでした。

そしてその後、業界・分野全体を変えたいというゴールも教えてくださいました。

最高ですね!!

人間の悩みの殆どは人間関係の悩みです。

例えばいくら収入が良いからと言って職場の雰囲気が悪ければ台無しです。

そもそも社会は人間関係で成り立っているので、

お互いにリスペクトし合えない環境には耐えられません。

報告いただいたクライアント様は

セルフトークを変えることにセルフイメージが変わり、

コンフォートゾーンが変わり、パフォーマンスが変わったということを実現・体験されました。

それが周囲の人間、仲間にも波及し、環境・チームのパフォーマンスも上がりました。

仕事がやりやすくなったということを超えて、

人生における豊かさそのものだと思います。

クライアント様本人もそうですが、

気持ちの良いコミュニケーション・人間関係がある(あった)という事実は

職場の方、関係者の方の今後の人生に大きな良い影響を与えます。

内面の世界が変わると現実世界まで変わってしまいます。

そしてこれは誰にでも起こること、望むなら意識して起こせることです。

人間なので誰にも喜怒哀楽があります。

煩悩もありますし、

相手に他人に「こうなってほしい」という気持ちも芽生えます。

それ自体は一向に構いません。

問題はその先です。

抽象度の高い視点と冷静な判断を行えるかどうか。

自分がエフィカシーの高い人間として、

相手にリスペクトを持って接することができるかどうか。

セルフトークのコントロールによって、エフィカシーを高める。

ポジティブなセルフトークに書き換えることで、

ポジティブでエフィカシーの高いあなたをリアルにしていく。

だからこそ自然と自分自身も他人も尊重できるようになります。

(現状・現在がダメだ、ということではありません)

また記事を改めてセルフトークのコントロールで得られる効果・体感について書きたいと思います。

セルフトークは「心のつぶやき」です。

セルフトークは言葉だけの問題にとどまらない、ということがポイントです。

効果的なセルフトークをすれば新しいセルフイメージが作られ、コンフォートゾーンが変わります。

コンフォートゾーンが変わることでパフォーマンスが変わり、その結果ゴール達成が実現します。

『コンフォートゾーンの作り方』Unit6のタイトルページ部分を引用します。

セルフ・イメージとは、ブリーフの集合です。

セルフ・トークを繰り返すたびに、

過去の情動や他人の意見があなたの

ブリーフの中に組み込まれ、

それとともにコンフォートゾーンが

決められていきます。したがって、

私たちは、私たちのセルフ・トークを

コントロールしなくてはなりません。

そうしなければ、セルフ・トークによって、

私たちがコントロールされることになるのです。

『コンフォートゾーンの作り方』 苫米地英人著

p.57 Unit6「セルフ・トークで自己イメージを高める」より

過去・現状のあなたを強化したいのか?

それとも

ゴール達成のために新しいあなたになりたいのか?

答えは明白だと思います。

そのためにセルフトークをコントロールしていきましょう。

もし今回の記事やブログが良いと感じられたら

コメントや、記事のシェアをしていただければ幸いです。

質問・疑問、コメントやメッセージをいただければ

ブログなどでもお答えしたいと思います。

お読みいただきありがとうございます。

苫米地式コーチング認定コーチ 横山

【Twitter】

https://twitter.com/trycoaching111

【youtube】

youtubeチャンネル

【Facebook】

https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。