思い込みを壊して、何倍も人生を生きる

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山です。

「思い込み」によって、自らに制限をかけていませんか?

過去思考による思い込みから脱出して、新しい能力を開花させていきましょう。

例えば時間に対する思い込みです。

一日で出来ることには物理的な限りがありますが、

その制限に更に自分で制限をかけていませんか?

いつも過ごしている毎日のキャパシティを少しだけ疑ってみる。

これだけで自分の思い込みの強さを実感出来るはずです。

1時間かけていることを、その半分の時間で出来ないか?

更に10分の1の時間で出来ないか?

そうした問いかけをすることで、無駄な作業が見えてきたり、

効率を飛躍させる方法が見えて来たりします。

逆に、趣味の時間を増やしたいのであれば、

望む時間を捻出するにはどうしたらいいか問いかける。

ここでも「ゴールが先、方法は後」です。

目指すべき姿は制限をかけず、理想的な状況をイメージしましょう。

人間の脳はとてもクリエイティブです。

セルフトークやセルフイメージのコントロールやマネジメントが疎かになってしまうと、

持っている時間や能力をわざわざセーブして、

「できない」理由と実績を自ら作りだしてしまいます。

つまりゴール設定を行い、ゴールについての臨場感を高めないと現状維持が強まります。

「現状維持を行っている自分が正しい」と脳が判断し、その通りの現実を実現してしまいます。

「私はもっとうまく出来る」

「私はゴールに向かって邁進している」

そうした問いかけは、確実に効いてきます。

イメージするべきはゴールの姿、未来の姿です。

思い浮かべていれば楽しくなる、そんな姿です。

なんか楽しくない、なにかおかしいと思ったときこそ、ゴールの更新のチャンスです。

リラックスしてゴールイメージを膨らませましょう。

それでは横山でした。

お読みいただきありがとうございます。

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。