コンフォートゾーンを広げるための具体的な方法

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ横山です。

今回は前回に引き続き、
「コンフォートゾーン」について
お話していきます。

ーーーーお知らせーーーーーーーーー
《トライアルコーチングセッション特別体験企画》
2018年11月3日23:59までの募集となります。

まだご案内をご覧でない方はこちらまで
http://trycoaching111.com/kaishi/

※「登録画面が見られない」など、
 不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コンフォートゾーンを広げるためには?】

コンフォートゾーンへの理解が
ゴール達成へ実現を重要であることは
前回ご説明しました。

まだお読みでない方は
下記ブログ記事をご覧いただけると
今回の内容が更によくわかります

今回はコンフォートゾーンの重要性を踏まえた上で

《では、実際にどうすればいいのか?》

ということについて考えていきたいと思います。

【日々の生活はどうなっているのか?】

コンフォートゾーンとは、

《その時の自分が当たり前に
受けて入れている事や物の集まり》

とも言えます。

ポジティブな態度や
感情に振り回されない冷静さなど
マインドが超重要ですが

今回は、物理的な方面から
コンフォートゾーンを攻略していきます

わかりやすいもので言えば

「衣・食・住」

です。

ゴール側のコンフォートゾーンにいるということは
ファイナンスや収入のゴールが達成されているということなので
今とは全く違ったお金の使い方をしている可能性があります。

試行錯誤の結果、
今と同じものをまた購入し続ける
ということもあるかもしれませんが、

その判断・選択は
「今の現状から生まれたもの」という注意が必要です。

過去・現在のリソースは無視して
自由にお金を使えるとしたら

・何を買っているのか?
・どのように使っているのか?

ということを考えてみましょう。

一つ例を出してみます。
複数のゴール設定から、

「自らビジネスを起こして成功させ、
収入も時間も自分でコントロールしている」

というコンフォートゾーンが特定出来たなら

「衣」であれば、

・商談の席では◯◯のオーダーメイドスーツに身を包み、
休みの時はお気に入りのブランド△△を着ている
△△の新作は全てチェックし、
値段ではなく「欲しいかどうか」で買い物をしている

「食」であれば、

・普段は体調管理のために比較的質素な食生活を心掛けているが、
デートの時は金額を気にすることなく、高級レストラン◯◯の
フルコースディナーを楽しんでいる

「住」であれば、

・都心の閑静な住宅街にある、コンシェルジュやフィットネスルーム完備、
セキュリティ対策のなされたマンション住んでいる。
寛げるリビングルーム、集中して考えることが出来る書斎、
一日の疲れがしっかりと取れる高級ベッドのある寝室がある

ということがわかってきます。
(是非ご自身のゴール側のコンフォートゾーンから導き出してみてください)

もちろん今憧れているブランドや住みたい街などがあれば
ブランド名や住所を具体的に書いてみてください。

どんどん楽しくなってきて、
止まらなくなると思います。

実際にやっていただくと
上に書いたことがほんの一例に過ぎない
ということがわかります。

「今出来そうなこと」を基準に決めていってしまうと
行動するエネルギーが湧いてきません。

むしろ現状維持が強まる可能性もありますので、

「出来なそう」
「方法がわからない」けど、
やりたいこと・あるべき姿を超理想的に描いてみてください。

【自分の中の重要性が変わると・・・】

今までは「やろうとも思わなかった」ことが原因で
出来ていないことなどは、
実現へ向けて一気に進むこともあります。

例えば

「都心に住んで、毎日都市生活を楽しんでみたい」

という自分のwant toがわかった途端、

自分の中で重要度・必要性が高まり、
達成に必要な情報や方法を探し始めます。

・実際に住むとしたらどれくらいの費用がかかるのか?

・次回の更新料を引っ越しの費用に充ててはどうだろうか?

・調べてみると少しだけ間取りは狭くなるけれど、
通勤には楽だし、自由な時間が増える。

・通勤のストレスがなくなれば仕事での生産性も上がって
キャリアアップが出来るかもしれない。

・自由な時間が増えれば、前から試したかった
副業の準備を始められる・・・・・

と、
「達成させるための理由」や
「やるべき理由」を
意識・無意識で考えることが出来ます。

正に
「マインドが変わり、世界が変わる」
「ゴールが先、方法は後」
ですね。

【難しければ、「プチ体験」をしてみる】

もちろん全てが
こうしてうまくいくわけではありませんが、
要は「重要度」「必要性」が高まれば
そこに向かっていくエネルギーが生まれてきます。

未知のものに対しての必要性・重要性は
知識だけでは中々高まりません。

人からいくら面白い映画の話を聞いても、
その映画の面白さがわからないのと同じです。

実際に体験することで、
重要度も必要性もわかってきます。

ゴール側のコンフォートゾーンにあるものがわかったら
実際に足を運んだり、手にとって見ることをオススメします。

しかし住環境やお金の使い方などは、

いきなり引っ越しをしたり、
生活費を10倍にしたりする必要があるので
体験自体が難しいかもしれません。

そこでオススメなのが
「プチ体験」です。

住環境であれば、
住みたいと思った街を休日のたびに
出向いて散歩してみるのもいいですし、

ウィークリーマンションなどを借りれば
実際に生活を体験することが出来ます。

お金の使い方でいえば、
「普段の10倍の物を買ってみる」
というものが勧められます。

100円の缶コーヒーを飲んでいるのなら、
1000円以上するコーヒーを飲みに行く

夕飯が700円のお弁当ならば
7000円以上のコースディナーを食べに行く

慣れない環境に飛び込むわけなので
はじめは緊張したり、躊躇してしまうかもしれませんが、

何回か通うとかなり慣れます。

これは体験によって
コンフォートゾーンを広げる訓練でもあります。
「慣れるまで通ってみる」
と言ったほうがいいかもしれません。

もちろん出費がかさむこともあるので
貯金や工夫が必要ですが、

何か目的を持ってお金を貯める・稼ぐということは楽しいですし、
今までの気づかずにいた無駄遣いなどを
なくすことが出来るかもしれません。

まとめると

まずは、
「自分が何を望んでいるのか?」(ゴール設定)

そして
「ゴールでは何に親しんでいるのか?」(コンフォートゾーンの特定)

具体的な行動に移るために、
「必要性を高めるために、
今体験出来るとしたらどんなことがあるだろうか?」(実際に行動してみる)

という順で検証・吟味をしていくと
楽しみながらコンフォートゾーンを
広げることが出来ると思います。

是非実践の参考にしてみてください。

質問・疑問はメールでも受付けています。
一言でも感想などもいただけると大変うれしいです。

それでは今回はこのへんで。
横山でした。

お読みいただきありがとうございます。

フォロー、チャンネル登録宜しければどうぞ!

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

youtube→youtubeチャンネル

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。