日々の気づきが成長を加速させる。学びへのフォーカス

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山です!!
苫米地式コーチングの理論は、

元祖コーチ、ルー・タイスが40年間で培った経験と実績を

苫米地英人博士が結晶化させた、科学的な理論です。

その理論、また核となるプリンシプルを知っているというだけで、

人生のターニングポイントで最高の選択をできるようになるでしょう。

しかしコーチングはあくまで行動をするため、ゴールへ向かうための技術です。

そうとはわかっていても、最初は行動・継続が難しいかもしれません。

今回は理論を体感に落とし込むために

どんなことに気をつければいいかについて書きたいと思います。

過去は関係ない

新しいことにチャレンジする時に、年齢や経歴がどうしても気になるかもしれません。

しかしコーチングの実践は「未来思考の獲得」という目的を持っています。

「過去は変えられず、今この瞬間から選択できるのは未来しかない」

という考え方で人生を切り開いていきます。

今までちっともうまくいかなかった、得意なことがない、という過去があったとしても

コーチングではそれは関係ありません。

未来それをやりたいかどうか、そのために自分は今なにをする必要があるか

ということに思考の力を使っていきます。

いまはひとまず、挑戦することに遅すぎることはなく、やりたいと思ったときがチャンスだ、と理解していおいてください。

※過去思考・未来思考や「過去の記憶を書き換える」と言ったことも別記事で取り上げます。

学びにフォーカスする

実は人間の記憶は「失敗したことの方が覚えやすい」という特徴があります。

思い出しやすいと言ったほうがいいかもしれません。

以前脳は安定を望み、新しいことを嫌うということを書きました。

(以下の記事の「脳は手抜きする」という項目です)

新しいこと、今までよりもエネルギーが必要なことは

失敗の記憶を使って止めようとします。

挑戦する前にやめたり、一回の挑戦でやめたりということは

本能的なことでもあるわけです。

そうした本能を努力と根性といった精神論を使わずに

みなさんのゴール達成へ導くのがコーチングとコーチの役割です。

失敗を認識し易い状態から抜け出すために、

是非今から「学びにフォーカスする」ということをやってみてほしいと思います。

「私は常に学びを得ている」

学びにフォーカスする簡単な方法をお伝えします。

それは朝起きた時に、

「今日は学びのある最高の一日になる」「私は常に学びを得ている」

とつぶやいてください。

そして日中もこのことを思い出したら、心の中でつぶやいてみてください。

自分の小さなミスや、同僚のミスも、すべて学びという経験にすることができます。

それが起こった時に「学ぶことができる」と自覚できれば、

前頭前野が働き、落ち込んだり怒ったりということが少なくなるでしょう。

そして実は日々学びや成長を重ねている、ということに気づくことができます。

なんとなく見ているつもりだったネットの情報なども、

「実は自分の興味がある、そしてゴールに関係のある情報を集めていた」ということに気づけるかもしれません。

少しフォーカスする場所や態度を変えるだけで、人は学びや成長を得ることができます。

眠る前も、「今日も成長をすることができた。明日はもっと成長する」

と思うことで、脳がどんどん成長したところを見つけてくれます。

そうすれば気持ちよく眠りにつき、ぐっすりと眠れるでしょう。

是非ご自身のゴール達成に役立ててください!!

今回は「学びにフォーカスする」ということをお伝えしました。

それでは、苫米地式認定コーチ(補)横山でした!!

質問・疑問お待ちしています!!

セミナーやトライアルコーチングのお知らせは

FacebookやTwitterでも行います。

是非チェックしてみてください!!

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。