新しいブリーフシステムを獲得するために

Pocket

こんにちは、苫米地式認定コーチ(補)横山です。

人から言われたことをそのまま受け入れていませんか?

あなたはとんでもない可能性が眠っています。

人間はブリーフシステム(信念の塊・集合)によって殆どの選択を行っています。

コーヒーにするか紅茶にするか

と言った問題から、人生の選択に至るまで、

今までどうしてきたか、

今までどうすることが正解と聞かされてきたか、

ということで行動を選び、また制限しています。

その信念が作られるには、

情動的な理由と論理的な理由があります。

もし「コーヒーを飲まない・苦手」

というブリーフシステムがあるとしたら、

情動的な理由としては

・小さい頃、熱いコーヒーで舌をヤケドした

・親の高価な服にコーヒーをこぼして怒られた

論理的な理由としては

・カフェインを取ると、夜に眠れなくなる(と聞いた)

・コーヒーを飲みすぎると、◯◯というリスクがある(と聞いた)

といったものが考えられます。

人から受けた、聞いた経験や知識を受け入れることによって

ブリーフシステムは形作られます。

無意識による非常に強力なものですが、

最終的な選択を行っているのは自分です。

逆に言うと、自分次第でその選択や結果を変えることが出来ます。

上のコーヒーの例で言えば、

今ならヤケドしないように飲むことが出来ます。

怒られたことは、コーヒーの味わいに関係ないですし、

そもそも子どもはそうしたことをするものです。

コーヒーを飲むリスクも、

知識を増やせば回避することも可能です。

食わず嫌いもブリーフシステムによる回避が原因ですね。

こうして意識的に検証することで、無意識の選択を変えることが出来ます。

抽象度の高い思考やゴール設定をすることで

新しいブリーフシステムを作ることが可能になり、

自分が何を選ぶべきかを改めて考えることが出来ます。

それでは横山でした!

お読みいただきありがとうございました。

フォロー、チャンネル登録宜しければどうぞ!

youtube→youtubeチャンネル

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。