今実践することが未来の財産になる

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山・ヨシエ・陽介です!

物事を先送りにしてしまう、

悩んでいるけれど行動ができないという時には、

未来思考を活用して実践・行動へつなげましょう!!

悩んでいる状態、無気力な状態では何も手につきません。

ひたすら横になるしかなかったり、

意味もなくネットを長時間見てしまったりします。

そして我に返って、時間だけが過ぎたことに後悔し、

更にツライ状態になります。

ここで起こっていることはマインドの使い方で解決できます。

大事なのは、観察・認識です。

まず客観的な事実を確認します。

いつから無気力なのか、

何も手に付かない状態の具体的な時間は何分または何時間なのか、

なぜ無気力なのか(原因、きっかけは何か)

そうして客観的な事実を確認していくと、

自分の思い込みを知ることができます。

いかにネガティブ偏っていて、妥当でないものかということを確認できます。

大量の五感情報が作る「今」の強烈な臨場感と、

失敗を強く認識する脳の機能を感じることが出来るでしょう。

悩んでいる時は視野が狭くなり、

その悩みを感じている「今」しか見えなくなります。

そして学習の習性によって、過去思考が強くなります。

過去失敗したことが、「今」を引き起こしているという考え方です。

「今」の悩みが、これからの飛躍やゴールへの成長になるかもしれないという

視点は浮かんできません。

事実を確認し、頭を一度冷静にすることで、

「悩んでいる」こと自体を解消することができるかもしれません。

ただの寝不足や、疲労が原因で横になりたいだけかもしれません。

もし「悩んでいる」ということは事実であったとしても、

未来思考を選択し、具体的な実践・行動を起こせばいいだけです。

一度に全て解決出来なくても、

「悩みを課題にし、考えた」という成功体験を得ることができます。

0を1にしたわけです。

そうして思い切って実践・行動したことが

ゴールへの向けてエネルギーになり、

未来の視点から見れば

「あの時実践をして本当に良かった」と思える財産になります。

ゴールに向けてエフィカシーを高めましょう!!

それでは横山でした!

お読みいただきありがとうございました。

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。