セルフイメージが良いと、良いところばかり見つかる

Pocket

こんにちは、横山です。

最近どんどんコンフォートゾーンが移行して、さらに加速している体感があります。

3月はセルフトークについてTwitterで発信しています。

そしてここ最近はブログでセルフイメージについて発信しています。

セルフイメージを正しく変えることができると、コンフォートゾーンが変わり、パフォーマンスが変わります。

その結果ゴール達成できるようになるのです。

セルフイメージを変えていく中でもどんどん変化を感じることができます。

良いものが見つかり、新しい発見があり、実際にゴール達成に近づく結果が生まれます。

達成に近づいたという事実や、そのために行動した・変化した自分、開花した能力などポジティブな要素がその過程では生まれています。

その結果エフィカシーも高まり、良いものが見つかり、新しい発見があり、実際にゴール達成に近づく結果が生まるというループが繰り返されます。

ループというよりも、螺旋状にどんどん上昇していくイメージです。

エフィカシーとは「ゴール達成における自己能力の自己評価」です。

いくらでも自分でゴールを高めて、自己評価を上げることができます。

そしてゴール達成への道のりでも、他人と比較せず自分で自分の「ここがすごい!」という部分を見つけて行けばいいのです。

自分で自分の良いところを見つけていきましょう。

日々意識にあげて「私はすごい」ということをセルフトークし続けると、「やっぱり私はすごい」という出来事が起きます。

人間はセルフイメージどおりに行動し、環境・世界まで構築してしまうので、心から「私はすごい」と思っている人は、他人からも「すごい人だ」と言われるようになります。

比較や競争をせずに、自分の良いところに目が向けば、他人の良いところにも目が向きます。あなたの周りの世界の良いところにも目が向きます。

良いところを見つける。日々良いところを探し続ける。

シンプルな方法ですが、やってみると世界が変わります。

世界が変わるということは、あなた自身も変わります。

そしてもともとは、あなたが「良いところだけを見つける」というマインドに変えたから、世界が変わったのです。

変化は内面から始まって、現実世界に広がっていきます。

日々ポジティブな変化を楽しみましょう。

応援しています。

苫米地式コーチング認定コーチ 横山

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。