やりたくない時にはやらなくていい have toを意識に上げる

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山・ヨシエ・陽介です!!

コーチングの実践はwant toを前提とします。

「やりたいことをやる」ことのパワーをフル活用しています。

逆にhave toはどうしたらいいのか、

どうしたらhave toをやめられるのかということについて書きたいと思います。

いきなり厳しい言い方になってしまいますが、

やりたくないから放っておくということは、解決を生みません。

目を背けたいから、「want toでない」と判断していませんか?

「やりたくない」ことをしっかりと吟味してみることも必要です。

本当に自分の関心がないことは意識に上って来ません。

うんざりするような仕事や作業であっても、今関わってるからには、関係があります。

それがwant to であるのかhave toであるのかを考えることが重要です。

「have toであるまま続けること」

「have toかどうかわからないまま続けること」

は非常につらいことです。

自分が望んでいるという自覚がないものは、どこまでもやりたくない言い訳が出てきます。

そうして言い訳を続けて「やりたくない→できない→やりたくない」の悪循環に入っていきます。

ではその悪循環から抜け出すにはどうしたらいいのか。

それは「have toを自覚してみる」ということです。

声に出して、出来ればメモなどに書き出してみるといいでしょう。

朝仕事に行きたくなければ、モヤモヤとしたまま支度をするのではなく、

「私は仕事に行きたくないと思っている」と外部化してみましょう。

したくないと思うこと自体は、プラスでもマイナスでもありません。

そこで自分を卑下せずに、しっかりとゴールに向けて行動を吟味している自分を褒めましょう。

そこまで出来れば、自然と

「じゃあ何がしたいのだろう」

「どういう状況であれば仕事を楽しくしているのだろう」

という考えや問いかけが出て来ると思います。

そこからwant toとゴールを広げてみると、次々と楽しいことが浮かんでくると思います。

日々have toを意識に上げ、want toに変える、新しいwant toを見つけるということを習慣にしてみましょう!!

それでは、苫米地式認定コーチ(補)横山でした!!

質問・疑問お待ちしています!!

セミナーやトライアルコーチングのお知らせは

FacebookやTwitterでも行います。

是非チェックしてみてください!!

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。