自然とゴール達成・目標達成してしまうマインドの使い方

Pocket

こんにちは

苫米地式コーチング認定コーチ横山です。

昨日ブログを更新し、更に気づきがありました。

【前回記事】

それはまだまだ私たちは自らを過小評価している、ということです。

これは脳が持つスコトーマの原理のために仕方のない事でもあります。

しかしゴール設定やマインドの使い方次第で

どこまでも能力を引き出し、望むものを実現していけるということでもあります。

自然とゴール達成してしまう人間の能力・天才性を

運に任せず科学的に引き出していくためのツールが

ゴール設定・コーチングだと思いますし、実際にその効果を体感・体験しています。

ゴール達成をするためには、リラックスして思考することが求められます。

相応しい環境・状況でパフォーマンスが発揮できるということです。

筆記テストであれば家の机でパフォーマンスが発揮出来るのはもちろん、

実際にテスト会場・試験会場で満点・正答・合格を実現するということです。

人間はコンフォートゾーンの中でしか高いパフォーマンスを発揮出来ません。

ゴール側にコンフォートゾーンを広げていくために

「自分への過小評価」をやめ、高いセルフイメージを描いていきましょう。

しっかりと言葉を用いて、五感・情動を再現し受け入れることで

あたかも今この瞬間ゴールが達成しているような臨場感が生まれます。

アファメーションは徹底的に活用すれば

ゴールは実現されていきます。

また実際に行動を起こすということに関しては、

日々want toで行動を選択していくことが重要です。

自らの意志で行動し、その体感をしっかりと認識し、

エフィカシーを高めていきましょう。

最初はどうしても行動のインパクトの大小が気になるかもしれません。

「もっとしっかりと出来るように準備してからの方がいいのでは?」

「自分はこんなことしか思いつかない(行動出来ない)のか」

というセルフトークではなく

「ゴールに向けて歩みを進めている自分は凄いやつだ」

「もっとうまく出来るし、もっと大きなことを実現出来る」

とポジティブなセルフトークを行い、エフィカシーを上げていきましょう。

今小さく見えるような行動・実践も

未来・ゴール側から見れば人生を激変させる

ターニングポイントになることもあります。

それが一時的な間違いや失敗であっても、

大きな変化・ゴール達成への大事なきっかけにさえなります。

ゴールに対してアクションを起こしたら、100倍、1000倍自分を褒めましょう。

ポジティブな情動を強化していけば、更にエネルギーが湧いてくるでしょう。

アファメーションなどを日々行い、

マインドを未来志向へとシフトし

無意識レベルでゴールへフォーカスしていきましょう。

ゴールは自分だけのものです。

抽象度の高い、多くの人が利益や喜びを共有出来るものもありますが、

達成を望み行動を起こすのは自分です。

そのためにもゴールは秘密にし、ドリームキラーから守り

しっかりとあなたの中で大事に育ててください。

日々ゴールの世界を感じ、

その時のセルフイメージをしっかりと肯定することができれば

自然と行動もそのためのリソースも見つかってきます。

過小評価から抜け出し、ゴールとセルフイメージを高めて

最高に楽しい人生を実現していきましょう!

また苫米地博士の250冊以上あると言われている書籍で

マインドの使い方をはじめ、様々なことを学ぶことが出来ます。

興味のあるものからで構わないので

当ブログと合わせてお読みいただくことをオススメします。

もちろんwant toで楽しながら。

また場を共有することで、言語・非言語で圧倒的な情報を取り入れ

一気にマインドの使い方を上達させたい方は

セミナーやセッションへお越しください。

ゴール達成、エフィカシーを上げていくサポートを徹底的に致します。

質問・疑問・悩みなどがあれば

メールやお問い合わせフォームなどからお寄せください。

ブログや動画で取り上げ、実践のコツや解決のヒントをご紹介できればと思います。

実践の感想なども

お問い合わせフォームから受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

お読みいただきありがとうございます。

横山でした。

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

youtube→youtubeチャンネル

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

公式メルマガ登録

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。