ケアレスミスは激変の兆し

Pocket

こんにちは、横山です。

コンフォートゾーンが移行するときは、ケアレスミスが起きたり、普段出来ることが出来なくなったりします。

目の前で起きていることは結果であって、原因ではありません。

もしケアレスミスなどが起きても、きちんとセルフトークをコントロールしていきましょう。

「コンフォートゾーンがゴール側に移行している」とセルフトークすればいいんです。

身体が疲れているなら休憩をするのもいいですね。

身体を緩めて、ひたすらゴールイメージを描いたり、ポジティブなセルフトークを無意識に刷り込むように繰り返してもいいでしょう。

焦るあまり、ゴール達成や成長を自分に無理強いしてしまっては逆効果ですね。

休みながら頭も顔も緩めていくと、脳が超並列的に思考できる状態になります。

リラックスすることでパフォーマンスが上がるのも、脳が超並列的に動くようになるからです。

お茶やコーヒーでも飲みながら、呼吸に集中したり、身体を頭から足先まで脱力させたりしてみましょう。

今まで考えつかなかったアイデアや、課題解消の新しいアプローチが頭に浮かびます。

want toで取り組むこと、続けることが重要です。

さらにパフォーマンスを上げるためにリラックスですね。

繰り返しますが、目の前で起きていることは結果であり、原因ではありません。

「うまくいかない」(原因)→「未来もうまくいかない」(結果)

ではなく

「うまくいかない」(結果)←???(原因)

なのです。

???は、「ゴール設定が誤っている」「have toになっている」こともありますし、

「ただ単に寝不足」「必要なステップを飛ばしている」

ということもあります。

焦りや不安にとらわれると、冷静な思考がてきず、スコトーマが生まれます。

一時的にうまくいかなくても、ミスがあっても慌てず、リラックスするように心がけましょう。

お読みいただきありがとうございます。

苫米地式コーチング認定コーチ 横山

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。