充実感の話 行動した結果に一喜一憂しない

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山・ヨシエ・陽介です!!

今回は「充実感」についてお話をしたいと思います。

何をしても充実感や満足感を得られないという時は、

「うまくいった結果」だけを望んでいないかを考えてみましょう。

成功や達成はもちろん嬉しいし、そのために実践をしています。

しかし、うまくいった結果だけを受け入れたいという気持ちは、

他人の評価・視線を原因になっています。

自分で選択して行動する、そのことこそが充実感を生みます。

want toであっても結果が気になりすぎるという場合は

エフィカシーをもっともっと上げましょう。

ゴールを掲げ、そのために行動し、

結果を受けて更に行動をしようとしている自分を褒めましょう。

成長や学びにロックオンすると、常に結果も成果も出ていることに気づきます。

その結果に不満ならば、ゴールとのギャップを体感し、

エネルギーを出すことができます。

結果が望むものならば、最高の喜びとなるのは言うまでもありません。

ゴールに向かって日々を過ごすことは、

充実感を得ながら不満を感じているという不思議な感覚です。

これがエネルギーを生み出していくサイクルになります。

やりたいことが沢山ある、というのは

まだやっていないことが沢山あるということです。

しかしそれが自分で望むものならば、ワクワクに変えることができます。

そのワクワクにしっかりと臨場感を持てるようになれば

自然と行動をすることが出来るでしょう。

もし行動の途中や、行動の結果を受けてモヤモヤしているのならば、

もう一度何にワクワクしているのかを突き止めて、

更に臨場感を上げることをしてみると良いかもしれません。

それでは横山でした!

お読みいただきありがとうございました。

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。