「やめられない」をやめる!want toのコントロール

Pocket

どうも、苫米地式認定コーチ(補)横山です!

前回「飽きること」のポジティブな面にロックオンするということを書きました。

今回は「やめられない」をやめるための方法をお話します。

やりたくないと思っていることを

やめられない時はwant toに変えてしまうのが一番です。

これは実際の行動や習慣を変えずに、セルフトークを変えるだけでできます。

「悩んで行動できない」ということをやめたければ

一度「(私は)悩んでじっとすることを望んでいる」という風に意識を変えます。

「やめられない」→「やりたくて続けている」

という認識にすることで、自分の中で様々な反応が出てきます。

「やりたいとはやっぱり思えない」

「やりたいと思える部分があるんじゃないか?」

「ゴールにつながる要素があるのかもしれない」

今ままでは創造的回避(クリエイティブ・アヴォイダンス)が起こっていましたが、

一度「望んでいる」という意識に変えることで、

脳は「やりたい理由」を勝手に考え始めます。

それでもやめたいと思った時も、原因がよりはっきりとして

以前と違ったアプローチを考えられるでしょう。

want toは自分で望んだものを選ぶことです。

つまり一度want toにしてみることで、「選んでいる・選び直せる」

という意識に変えていると言い換えることができます。

今自分がいる状況は、過去自分が興味関心を持った情報の塊です。

それが他人からの刷り込みであっても、改めて自覚し選び直すことで、

より自分が望むものがわかってきます。

いままでなんとなくイヤでやめられなかったことの、

「イヤな要素」がはっきりと見え、具体的な課題や解決が見えてくると思います。

我慢している自分を丸ごと否定するのではなく、

ゴールとwant toから見ることで、

学びや成長にフォーカスすることができます。

自分のwant toを突き止めるチャンスにもなりますので、

リラックスして状況を見てみましょう!!

それでは横山でした!

Twitter→https://twitter.com/trycoaching111

Facebook→https://www.facebook.com/yosuke.yokoyama.94

〈お問い合わせ先〉

〈質問・お問い合わせはコチラから


または
trycoaching111☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)

までメールにてお問い合わせください

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。