ゴールが実現するようになるセルフトーク

Pocket

こんにちは、横山です。

前回につづき、今回もセルフトークについてです。

【前回記事】

ポジティブなセルフトークの落とし穴

セルフトークによって、コンフォートゾーンが決まり、コンフォートゾーンが決まることでパフォーマンスが決まります。

だからこそ、どのようなセルフトークをしているかが重要なのです。

ネガティブ→ポジティブにセルフトークをコントロールしても、実は落とし穴があります。

それはポジティブに聞こえるけれど、ゴール達成するのにふさわしくないセルフイメージを作ってしまうセルフトークです。

「願望」「予定」では実現しない

そのセルフトークが

・ゴール達成したい

・未来にゴール達成している

というものです。

〇〇したい、というとき、あなたはまだそれを実現していません。

(まだ〇〇していないから)〇〇したい

という意味で無意識はとらえます。

痩せたい、収入を増やしたい、人間関係を良くしたい…

want toであることはいいのですが、作られるセルフイメージ、状況に注意してみましょう。

1分間セルフトークを書き出してみよう

セルフトークのコントロールのワークです。

タイマーで1分間時間を計って、その間にどんなセルフトークをしているか書き出してみましょう。

「お腹が空いたな」と思ったら、それを書く

「来週の会議の資料は大丈夫だっけ?」と思ったら、それを書く

「こんなことして意味ある?」と思ったら、それも書く

1分間という短い時間ですが、なかなか手応えのあるワークです。

セルフトークを意識に上げて、それに対応するというトレーニングになります。

集中してトレーニングすれば、無意識でセルフトークのコントロールをできるようになります。

ネガティブなセルフトークが出てきても、出てきた瞬間にとらえて切り替えることができます。

まとめ

セルフトークのコントロールはすぐにできて効果があります。

やることもシンプルですが、シンプルなだけに奥が深く、やればやるほど効果が出ます。

逆に言えば、ネガティブなセルフトークを放置したままだと、無意識の中でずーっとネガティブな情動が再生され続けることになります。

ぜひセルフトークのコントロールを身につけてゴール達成に役立ててください。

お読みいただきありがとうございます。

苫米地式コーチング認定コーチ 横山

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。