やる気の落とし穴

Pocket

こんにちは、横山です。

目標達成に関してある悩みのほとんどは

「モチベーションがない」

「モチベーションが続かない」

というものです。

モチベーションやwant toについては前回、前々回の記事でもお伝えしています。

【前回記事】

【前々回記事】

ゴールを設定すると、あなたの中で混乱が起きます。

マインドの中ではゴールの世界に臨場感を感じているのに、見渡すと周囲の世界は全く違っている。

まさに認知的不協和が起きているのです。

マインドの仕組みを理解していれば、冷静に対処することができます。

混乱が起きていたり、現状に強烈な不満が起きていたりするということは、エネルギーが生まれているということです。

ここで結果を焦ってしまうと、冷静に行動することができません。

結果を焦るあまり、

・一度行動をしてうまく行かなかったら諦める

・安易な方法だけを試す

・目的と方法が入れ替わってしまう

ということが起きます。

さらに瞬発的なモチベーションに頼って行動をしていると、うまくいかないことでモチベーションが下がり、さらにうまくいかないという悪循環を引き起こします。

ここで重要なのは、

・結果は過去のもの

・モチベーションは結果である

ということです。

もし行動した結果が望まないもの(一時的な間違い、基準に満たないなど)であっても、それは過去のものです。

未来思考では、未来に原因があり、現在・過去は結果です。

その結果を持って未来は決まりません。新しいことに挑戦していれば、失敗はつきものです。

まして現状の外のゴールに向かっているのであれば、未知・未体験のことばかりです。

一歩踏み出すまでがゴールになっていると、そこでエネルギーは出なくなります。

一歩踏み出す直前でエネルギーはほぼなくなり、なんとかモチベーションを上げて一歩を踏み出しても、そこから先に続きません。

本当にエネルギーが必要なのは、試行錯誤であり、誤った認識や行動を改めること、現実世界にフィードバックをかける過程においてです。

モチベーションに頼るということは、自分自身にhave toを仕掛けることです。

やりたくないことを無理やりするということは、無意識化で「私にはこうすることしかできない」と繰り返し語りかけることになります。

可能性や能力を制限して、セルフイメージを引き下げる行為です。

私たちはセルフイメージ通りの行動を取り、そのセルフイメージにふさわしい世界を実現します。

つまり、ゴール達成に必要なパフォーマンスを大きく下回るものしか発揮できなくなります(逆に現状維持のために強烈なパフォーマンスを発揮することになります)

モチベーションは結果です。

どうしてもやりたいからやる、必要だと無意識レベルで感じているからやる。

日々の行動や習慣を見て、他人の人が「モチベーションがありますね」というだけのことなのです。

・毎日3食食事をしてモチベーションが高い

・いつも心臓を動かしてモチベーションが高い

とは言いませんし、思いもしません。

当たり前にやっている状態が結果的にモチベーションが高いと評価されたり、振り返って気づくだけです。

モチベーションは結果です。

もし本当にモチベーションが問題になっているなら、モチベーションがわいて自然と行動が起きるまで待つのもいいでしょう。

毎日やってみたいことを考えてみる、リラックスしてどんな人生を選ぶか考える。

好きなこと、やりたいけど制限していたことをやってみる。

やりたくないことをして、これ以上自分自身を苦しめる必要はありません。

もちろんwant toは自己責任です。結果に対しては責任を求められます。

これは自業自得ということではなく、「結果に真摯に向きあう」ということです。

そしてその「結果」はネガティブなものではないのです。

want toで行動・選択した結果はとても充実感にあふれる、エフィカシーの上がるものです。

結果から目を背ければ、エフィカシーは上がりません。環境や他人のせいにすれば、自身の成長はありません。

そしてゴール達成したとき、ゴールに向けて大きく進展したとき、自分自身の成長が感じられたときはやはり最高の気分になれます。

誰かに認められたから、評価されたからではなく、want toで行動して最高の結果が出たと心から喜べるのです。

この感覚は言葉では伝えられません。

まずはゴールが先、方法は後、モチベーションも後です。

焦らずに、しかし結果に対しては真摯に向き合っていきましょう。

want toであればすべての選択が必然で最高のものだと感じられます。

お読みいただきありがとうございます。

苫米地式コーチング認定コーチ 横山

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。